ブログを本気でやるならデザインにもこだわっておきたい3つの考え方

f:id:BenatawaBlog:20170610014343j:plain

ブログを開設してすぐに僕は以下のことで悩み始めました。

 

最初に、記事作成に力を入れるべきか、サイトのデザインに力を入れるべきか。

 

 悩んだ結果、ブログデザインを自分なりにある程度こだわったものにしようと決め、1つ目の記事を仕上げる前にまずデザインに取りかかりました。

 

 

デザインにもこだわっておきたい3つの考え方

もちろん、ブログ運営なので記事の作成に力をいれるのは当たり前と言えば当たり前なのですが、その前にデザインにもある程度気を配っておきたいというのがこの記事の趣旨となっております。

 

ちなみに

この記事では「レスポンシブデザインにした方がSEO的に良い」「リンクの色は〜色にした方がクリック率が上がる」「文字の大きさはこのくらいが読みやすい」などの細かいテクニック的なお話はするつもりはございません。

 

デザインを決める際の基本的なルールのようなお話はほんの少し含ませて頂いておりますが、あくまでも僕のブログデザインについての考えを紹介したいと思ったのです。

 

では、なぜそういった考えに至ったのかをこれから説明したいと思います。

 

デザインを差別化することで印象に残りやすい 

f:id:BenatawaBlog:20170610014441j:plain

差別化に必要な要素としての「デザイン」

あなたが「秀逸な内容を取り上げた、とても優れた文章」を書くことができるなら、文章だけのブログでも人はあなたの文章に目を光らせまた読みたいと思ってくれることでしょう。そうでない場合、彼らと差別化できるのは「デザイン」が大きな要素として考えられます。

 

「デザイン」は人間で言う「容姿」のようなもので、初めてその人(ブログ)と会ったときに得られる限られた情報の一つとなります。そのとき見た容姿が素朴な雰囲気であれば、インパクトは与えられません。それが良いという意見もあると思いますが、記事内容ありきになってしまうので、印象に残りやすいとは考えにくいです。

 

デザインを考えよう

そこで印象づける力になってくれるのがデザインなんです。他と違うデザインや印象に残りやすそうなデザインを考えてみましょう。

 

デザインについて考えを巡らせるのはまず楽しいですし、自分のイメージ通りのデザインができたときはとても嬉しい気持ちになると思います。それが結果ブログを続けていくモチベーションになってたりするんです。

 

どういったデザインにするかは、ほかのブロガーさん達がとても参考になる記事をたくさん上げてくださっていますので、そちらをご覧になってみてください。

 

tsukuruiroiro.hatenablog.com

以前までとてもお世話になったLITERALLYさんのテーマ「DUDE」。現在は僕のブログテーマ・内容とはイメージが合致しないので別のデザインにさせて頂いておりますが、扱うテーマによっては超おしゃれにすることができます。テーマに沿ったデザインにすることも大切。

 

hitsuzi.hatenablog.com

 ブログ初心者の方はとりあえずこのカスタマイズでいいんじゃないかと思ってます。当ブログもこのカスタマイズを取り入れております。(差別化といいつつ「とりあえず」なんて言って申し訳ございません...。本当にオススメしたかったので。)

でも正直なところあまり教えたくないとも思います。たくさんの方に読まれてるから知られちゃってるかな?それはそれで差別化が難しくなりそう。

  

saruwakakun.com

 これは絶対読んだ方が良い記事。ブログを書く上で欠かせない「見出し」や「引用」デザインなどのサンプルとともにコードも公開してくださってるサルワカさんの記事。

いつも大変お世話になっております。

 

tsukuruiroiro.hatenablog.com

日常で目にする「なんかオシャレなデザインだな」といったものを分かりやすくかつ丁寧に説明してくださっている記事。デザインをしない人でも一度は目にしておいた方が良いと思います。

 

saruwakakun.com

自分のイメージするデザインに近い配色を探すときにとても便利。色に迷ったらこのサイトだけで解決できます。

 

デザインの勉強もかねて

f:id:BenatawaBlog:20170523020249j:plain

ブログを本格的に運営していく以上、デザインの知識は必要になってくるでしょう。ここでいうデザインとは配色や配置も含まれていますが、それよりも重要になってくるのが「HTMLCSS」の知識です。

 

見出しやヘッダーのデザインを変更したい時や、関連記事表示やフォローボタンの設置をしたいときもそれらのコードを書くことは必要不可欠です。親切にやり方を教えてくださっている方もいらっしゃいますが、スムーズに行いたい場合にはそれら知識はとても役立ってきます。

 

デザインを1から構築するための知識はなくても構いませんが、部分的に変更をかけたい時や修正を行いたいときのために基本的なことは覚えておいた方が良いのです。

 

僕の場合、HTMLとCSSの知識については実際に以前運営してたブログデザインの変更をしながら覚えていくことが多かったです。そのため、デザインが劇的に酷くなったり崩れたりしましたが、トライアンドエラーの繰り返しで覚えていきましたね。

saruwakakun.com

僕が知識ゼロのときにはなかったサルワカさん。僕が悩んでるときにこんなサイトあったらなーと悔しがるほど分かりやすく説明されています。

 

 

「読みやすい」「見やすい」ブログに繋がる

f:id:BenatawaBlog:20170610014911j:plain

先に述べた通り、細かいテクニックについてはここでは割愛。その代わり「デザインの大切さについて言いたいことがあります。それは、

 

「読みやすい」「見やすい」ブログへと繋げることができる

 

上記の理由は明白。デザインには見やすく・読みやすくするための基本的なルールが存在しているから。

tsukuruiroiro.hatenablog.com

デザインをより良いものにしていけばそれに比例して見やすさ・読みやすさもより良いものになっていくはずです。せっかく書いた記事もサイトのデザインが悪ければ内容が入ってこないでしょうし、最悪の場合読み終わる前に離脱してしまう可能性も。

 

それとは逆に、見出しのつけ方や配色、各要素の位置関係など、読み手が目にする情報が読みやすい・見やすい状態でデザインされていれば、内容も自然と入って来やすいでしょうし、「デザインが素敵」「配色が好み」のようなポジティブな意見ももらえたりすることも。

 

できるだけ多くの方に読んでもらえる機会を作ろうとしているのであれば、知人や友人を自分のお部屋に連れてくるような感覚で、気持ちよく受け入れる感覚でブログをデザインしていきたいですね。

 

 

まとめ

デザイナーでもないのに「デザインうんぬん」のような記事を書いてしまっておこがましいですが、ブログデザインに対して僕が本当に思ってることなので書かせていただきました。

 

このブログのデザインは完璧と思えるようなデザインには仕上がってないのが正直なところですが、もっと勉強して自分のイメージに近づけた、読みやすさや見やすさを兼ね備えたデザインにしていきたいですね。

 

現状、ヘッダーが寂しい感じなので、どうしようか模索中です。頑張らないとね。

 

こんな記事も書いてます
広告を非表示にする